RESEARCH REPORT #03 ドライブ×音楽×感情

 ドライブというシチュエーションは時間帯、場所、人数などさまざまな要素に変化がある。音楽はそのシチュエーションに合わせて選ぶことで、ドライブをより一層魅力的な時間にしてくれる。人間は喜怒哀楽を常に持ち合わせているもの。音楽はそれらの感情を上手くコントロールしてくれるチカラを持っている。近年の科学的な実験からもわかっている通り、ホルモンレベルで人間の脳に刺激を与えてくれる音楽。ドライブと音楽という最高の組み合わせは、音楽が持っている「感情を刺激する」という効果をより高めてくれる。現代社会において、自己の感情のコントロールは必要とされる能力。音楽の効果を理解し、身近なドライブに意識して取り入れることで新しい車内時間を過ごすことができるだろう。

音楽心理学者 音環境コンサルタント
齋藤 寛(さいとう ひろし)
FERMONDO(フェルモンド)代表。音楽心理学者。音環境コンサルタント。1979年生まれ、群馬県出身。新潟大学教育学部芸術科で音楽を専攻し、音楽心理学を学ぶ。映像と音楽の関係を専門とし、ビジネスや生活に役立つ方法を提案したいと考える。