RESEARCH REPORT #02 ドライブを「デザイン」する

ルートや訪れるスポットでドライブそのものをデザイン

最近はお洒落なリゾート列車も人気を呼んでいるが、それらとリムジンの大きな違いは、好きなスポットへ自在に行けること。現在日本国内に3台しかないフォード エクスカージョン 120インチリムジンを2台所有し、リムジンサービスを提供する(株)アルファディアの代表取締役 梅澤由憲氏はこう話す。「夜景ドライブにぴったりなルートをいくつも押さえてあり、お客様の目的、走行する時間帯などに合わせてセレクトします。ドライブの途中で休憩をはさみますが、そこで必ず記念撮影をします」。たとえば東京タワーを背景に、リムジンと一緒に利用客を撮る。それにより、ますます心に残る夜となるわけだ。
「お客様がルートを指定されることもありますが、乗ってしまうと気分が高揚して意外と外を見ていません(笑)。

リムジンからの車窓

だから絶景スポットでリムジンを停めて、走行中はなかなか目に留まらない景色をお楽しみいただくのです」(梅澤氏)。その自由度は確かに列車にはないものであり、まさに「ドライブをデザイン」することにほかならない。

ENTER

株式会社アルファディア
代表取締役 梅澤由憲 氏